豊橋百儂人

日本有数の大農業王国、東三河地域。
この地で、先代から受け継いだ食農文化を後世に受け渡そうと、良き伝統を守りつつも革新的努力をし続ける団体がいる。
 
彼らは、「真」の農業経営者となるべく切磋琢磨する生産者を「豊橋百儂人(とよはしひゃくのうじん)」と認定し、活動の主旨に賛同してくださる応援者(サポーター)の皆様と共に、生産者、消費者が一体となった活動を目指している。
 
art-main-100noujin01
 
そんな、豊橋百儂人の生産者一人ひとりの農園にお邪魔して、努力と技術で作った生産物を調査し、豊橋百儂人とは何か?農業とは何か?

その答えを探してきた。
 

これまでの百儂人

 
■鑑賞花儂人/中村孝康(菜ッ花園)
 https://tasuki-inc.com/kanshoubana/

■蕃茄儂人/鈴木教広(鈴木農園)
 https://tasuki-inc.com/suzukinoen/

■養蜂儂人/鈴木良近(鈴木養蜂園)
 https://tasuki-inc.com/suzukiyouhouen/

■柿儂人/鈴木義弘(百年柿園 ベル・ファーム)
 https://tasuki-inc.com/bellfarm/

■黒子儂人/清水貴裕(都デザイン)
 https://tasuki-inc.com/100noujin01/

■茶儂人/後藤元則(ごとう製茶)
 https://tasuki-inc.com/gotoseicha/

■葉葱儂人/村松典和(村松農園)
 https://tasuki-inc.com/muramatsunoen/

■玉蜀黍儂人/彦坂航(ホクシン)
 https://tasuki-inc.com/tomorokoshi/

■葡萄儂人/岩瀬宏二(チロルの農園 岩瀬果樹園)
 https://tasuki-inc.com/grapes/

■米儂人/安田仁(株式会社清須ライスセンター)
 https://tasuki-inc.com/kiyosurice/

■葱儂人/児玉賢一(彩園こだま)
 https://tasuki-inc.com/negi2020/

■甘藷儂人/鈴木直樹(甘い甘藷そもそも)
 https://tasuki-inc.com/kansyoimo2020/

■竜髭菜儂人/北河 芳泰(美緑の風ファーム北河)
 https://tasuki-inc.com/asparagus2020/

甘藷儂人/鈴木直樹(甘い甘藷そもそも)

 
豊橋と言ったら、サツマイモ!!と答える人は今は少ないと思うが、昔はここ豊橋もサツマイモを育てる畑がたくさんあった。
それが、豊川用水のおかげもあり、近年では様々な農産物が育つ地域となり、自然とサツマイモを生産する農家さんは減っていきました。

そんな中、あえてサツマイモに絞った生産にシフトし、今ではたくさんの熱烈なファンから愛されるサツマイモを作る、甘藷儂人の鈴木直樹さんの畑に伺ってきました。
 

甘い甘藷そもそも
豊橋百儂人 甘藷儂人
鈴木 直樹

【サツマイモの時期】
出荷時期9月〜5月
特に美味しい時期:2月くらい

 

豊橋百儂人では、今年、最速で副代表にまで昇りつめた若手の直樹さん。
優しい直樹さんは、メンバーからも愛される人気者!
そんな、ねっとりと甘〜い直樹さんについてお伝えしていきます!

 

変なサツマイモを真剣に作っていきたい

 
 
ー ー ー 直樹さんについて色々聞いて来いと百儂人メンバーからも言われているので、、
早速ですが、なぜサツマイモを育てようと思ったのですか?

 
実は元々は、20品目以上を育てる農業を展開していましたが、自分の代で何かに特化した生産体制を築きたいなあという考えがずっとありました。
また、自分は豊橋を離れてサラリーマンをしていた時期がありましたが、豊橋に戻ってきた頃から、おじいさんの代に作っていたサツマイモの評判を耳にする機会が多く、おじいさんの意思を継ぐ気持ちで、サツマイモに絞った生産をするようになりました。
今では、全体の8〜9割がサツマイモの生産となっています。
 
焼きたてのサツマイモ
 
 
 
ー ー ー 直樹さんの作るサツマイモの特徴はどのようなところにありますか?
 
まず、育て方の特徴から話すね。
 
一概にサツマイモと言っても品種などによって特徴が違い、その品種に合う土壌の畑で育てることには意識しています。
土壌の性質に合わせて、ホクホクの芋はよりホクホクになるように、ネットリとした芋はよりネットリとなるように考えて植えるようにしています。
 
 
芋畑
 
 
また、手間はかかるが除草剤や農薬は一切使わない育て方をしています。
肥料も、緑肥作物と畑に生える草を還元して肥料としているので、安心して食べてもらえるように時間と手間をかけた育て方にこだわっています。
 
 
だからこそ、出荷のタイミングや食べ方も管理・提案をさせてもらっています。
すぐに出荷するのではなく、美味しい時期の良い味のサツマイモを提供するために、それぞれの特徴に合わせた保存や調理方法の情報提供も行っています。
 
 
収穫したサツマイモ
 
 
味の特徴でいうと、
糖度の管理はもちろんですが、食べやすいようにえぐみの成分にも気を使っています。
サツマイモ自体の特徴とも言えますが、サツマイモは少ない肥料でも吸い上げる力が強いので、それを考えて肥料由来の微妙なえぐみの元となる成分にも気を使っています。定期的な数値の検査を行いながら、肥料に気を遣うことで、小さい子どもでも食べやすいと評価いただいています。
 
 
 
ー ー ー 仕事をしていてのやりがいってどこにありますか?
 
やりがいかぁ。

自分の場合は、一から十まで何をどうやって作るかから、食べるまで、全ての工程でかかわらせていただいているので、それがとても楽しいです。
 
特に、マルシェなどで直接消費者の皆さんとも関われるからこそ、食べた人からのダイレクトな感想が聞けると、次のつくり方の勉強になったり、励みになったりします。
自分の苦労の先に喜んでくれる人の笑顔があるのはとても幸せだし、だからこそもっと美味しいサツマイモを作ろうというモチベーションにつながります。
 
美味しい焼き芋
 
 
ー ー ー 直樹さんのサツマイモはどこで買えるのですか?
 
「有機農業の会」という朝市や、契約栽培、あとは直接販売で出荷しています。
 
一部の豊橋市内のスーパーでも販売しているので、そこで購入してくださる方が多いです。
 
 
サツマイモは毎年、9月から11月初旬頃に収穫をして、通年でいつでも食べれますが、2月以降のしっかり熟成がすすんだものがオススメです。
是非、その時期のサツマイモを楽しんでみてください!
 
美味しい焼き芋2
 
 
ー ー ー 直樹さんの今後の目指す展開はありますか?
 
今は、とにかく量を増やすとか売上をあげるというよりも、「自分だからできること」を増やしていきたいと考えています。
 
他の人ができないことで自分ができることを増やしていって、ちょっとでも喜んでくれる人がいるのならそこを今後は伸ばしていきたい。
 
 
その一つが干し芋という加工品です。
ただの干し芋ではなく、サツマイモにこだわるということは基礎に、見た目を例えば肉球にして見るだけでも、「可愛い!!」と、とても喜んでくれる人がいる。
その姿を見て、食べ物の喜び以上の喜びがそこにあると感じました。
ものが溢れている時代だからこそ、機能性だけじゃない、そのような取り組みがあっても良いのではないかなぁと感じています。
 
 
干し芋
 
 
だからこそ、味と品質にこだわったうえで、今後もどんどん「変な干し芋」を作っていこうと考えています。
しかし、ふざけているようで、これが難しく!!
 
 
肉球型の干し芋
 
 
みんなに手にとってもらえるようにとこだわると、どうしても手間がかかってしまうやり方なので、値がはってしまう。
逆に、それがたくさんの人を遠ざけてしまうことになりかねないので、今後はもっともっと技術を磨いて気軽に手にとってもらえるような本当の身近に感じられる「干し芋」を作っていけたらと思っています。
 
 

ねっと〜り甘いサツマイモ

 
肉球型の干し芋を食べさせていただいたが、見た目もさることながら、食べた瞬間「冷たいっっ!」と、口にしてさらに驚いた。
なんとなく、干し芋は温めて柔らかくして食べるイメージがあったが、肉球干し芋は冷やして食べるとGOOD!!
 
80度を超える糖度のため凍らず、冷凍庫に入れて保管するのがオススメとのこと。
 
 
これからも直樹さんの挑戦に目が離せません!
 
鈴木直樹さん
 
 
【会社概要】
甘い甘藷そもそも
代表:鈴木直樹
愛知県豊橋市東高田町181-2
 
 
 
 

 
■□■東三河の求人サイト**TASUKI**■□■
こんな仕事が東三河に!?という仕事が多数掲載!
「地元で仕事を探そう」と思ったら、まずはTASUKIをチェック!

 
【地域】 豊橋 豊川 蒲郡 新城 田原 東三河
【雇用形態】 正社員 パート アルバイト 新卒 転職
【職種】 製造 技術 開発 販売 営業 事務 IT 軽作業
 

LINE@ 〜TASUKI 生活情報〜

東三河の旬な情報、話題のイベント情報が欲しい方は、こちらで友達追加して下さい!
LINE@で TASUKI 生活情報 を配信しています!

店舗やイベントを取り上げて欲しいという方は、「TASUKI〜生活情報〜」にて友達追加後、メッセージにてお知らせ下さい。

友だち追加