シンニチ工業株式会社

【事務系総合職】安定は挑戦の結果生まれる!組織大改造中の中間素材メーカー(正社員)

業種: メーカー|技術系|職種: 管理・事務系|製造・生産系

会社情報

安定志向から挑戦志向へ!

昭和97年の会社を、令和4年の会社にアップデート

シンニチ工業は、『会社人ではなく、社会人』を目指して、社員1人1人が自ら考え自ら行動し、会社を向いて仕事をするのではなく、社会を向いて働くことを目指しています。また、会社で役立つスキルではなく、社会で役立つスキルを習得できる教育プログラムを目指しています。より良い組織風土づくりの取り組みを継続し、社員1人1人が理想の職場づくりの主人公です。本社のリニューアルなどの”職場環境の改善に取り組んでいます。また、基幹業務ソフト導入やSFA導入などのデジタルトランスフォーメーションを推進しています。引き続き時代を追い越し、リードするようにやりたいこと、開発したいことを1人1人が発言し、挑戦できる風通しの良い環境を作っています。


 

愛知県内の会社の中で12,500社に1社

シンニチ工業は、愛知県から顧客起点のブランド価値等を形成しているモノづくり企業として、『愛知ブランド企業』に認定されています。さらに循環型社会の形成を促進し、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で行っている『愛知環境賞』を受賞。   
2021年12月には経済産業省・中小企業庁から『はばたく中小企業・中小事業者300社」にも選定されました。愛知県の事業者のうち、1企業でこれら全てに認定等されているのは17社、割合にすると約0.008%のみの限られた企業です。
※中小企業庁公表の愛知県の事業者数209,000社をもとに計算

 

幅広い分野のニーズに応えてモノづくりを支える存在

シンニチ工業は、50年以上の歴史を持つ大径薄肉パイプ(ステンレス・鉄・チタン)の製造・販売をしています。「技術を革新し、たぐい稀な大きな価値を提供する」という理念のもと、お客様のニーズに合わせてオーダーメイドで製造を行い、規格品にはない唯一無二の製品づくりを行っています。現在は、径が大きいにも関わらず薄いパイプを強みとした金属パイプのニッチトップメーカーとして、日本のモノづくり産業を支える存在となっています。


 

パイプの製造

シンニチ工業の現在の主力製品は金属パイプですが、自社を中間素材メーカーと位置付けでいます。仕入れた素材を加工してお客さまのニーズに沿った製品を提供することに力を入れています。一般的な大径薄肉パイプは、径が大きくなるにつれて板厚も厚くなりますが、軽量化等を図るために、薄くて強固な大径薄肉パイプの製造に力を入れています。大径薄肉パイプは、乗用車部品の他に、土木建築、水中ポンプ、農業機械部品、エアコン部品、住宅装備品、ゴルフカップ、厨房機器など普段の生活になくてはならない製品にたくさん使われています。


 

会社概要

会社名 シンニチ工業株式会社
会社住所愛知県豊川市平尾町天間48番地
電話番号0533-88-4155
Webサイトhttps://www.shinnichikogyo.co.jp/
設立年月昭和45 ( 1970 ) 年9月22日
事業内容大径薄肉パイプ(ステンレス・鉄・チタン)の製造販売
代表者木下 雄輔

求人情報

仕事の内容 ■事務系総合職として経営企画、人事・労務、経理・財務と、会社経営全体をお任せします。
・会社方針や仕組み作りなど経営企画
・社内のIT推進や管理
・求人や採用等の人事
・経理、会計業務、財務などの会社の数字を扱う仕事

業務は多岐にわたりますが、最初は簡単な仕事から徐々にスキルを身に付けていただきます
応募資格 要自動車普通免許
〜39歳以下の方
勤務地 本社(豊川市平尾町)
勤務時間 8:00~17:15 または 9:00~18:15 (1年単位の変形労働時間制)
求める人物像 チャレンジ精神を持っている人
給料等 215,000~460,000円(基本給+役職手当)+諸手当、昇給年1回、賞与年2回(21年実績 年間3.2か月)
休日/休暇 週休2日(年間113日、GW、夏季休暇、年末年始 ※1年に3回土曜出勤あり)
教育・研修制度 階層別研修・専門別研修・自己啓発支援・資格取得支援
福利厚生 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険・食事手当(弁当持参)・食事補助(給食注文)・制服あり・慶弔見舞金・結婚記念日お祝い金・誕生日お祝い金(独身者)・退職金
採用担当者名 朝倉・鈴木
採用担当連絡先 TEL)0533-88-4155 MAIL)recruit@shinnichikogyo.co.jp
応募の流れ エントリーボタンよりご応募ください。
ご応募が確認出来次第、こちらからご連絡いたします。
採用に関しご不明な点がございましたら、お気軽に採用担当者までご連絡ください。

*お問い合わせ時には「TASUKI(タスキ)の求人ページを見た」とお伝え頂くとスムーズです。

働くひとの声

木下 雄輔
木下 雄輔 さん
代表取締役社長
シンニチ工業は、組織風土の大改革の最中です。私が社長に就任してから、SFAやグループウェアなど、約20の新しい取り組みに着手し、社名と電話番号以外別の会社になるつもりで会社を更新中です。
しかしながらまだまだ改革は進行中です。社会を向いて仕事をし、社会で通じるスキルを身につけ、挑戦を続ける企業文化の定着に取り組んでいます。
管理部の中には、経営企画の業務も存在し、まさにこのような改革を推進していく人材が必要です。このような改革にやりがいを感じる事ができる方、会社という船の航海士として大海原に飛び出し、共に新大陸発見を目指してくれる方を募集しています。
朝倉 秀樹
朝倉 秀樹 さん
管理部 課長
銀行に勤めていたこともあり、数字を取り扱う経理の仕事に挑戦してみたくてシンニチ工業に入社しました。現在は管理部で、経理をはじめとする総務、人事労務、財務、経営企画など会社全体の経営を担当しています。
経理の面では、数字が上手く一致した際にはやりがいを感じます。たまたまではなく、方法から変え、結果に結びついた時は特に強くやりがいを感じます。管理部、というと守りの部署のように聞こえますが、会社経営の推進力となる攻めの仕事がたくさんあり、まさに会社の司令塔だと考えています。
また、チャレンジする社員をしっかり評価するのも私の役割です。シンニチは年功序列ではなく、業務内容に応じて評価をしています。例えば、部長クラスで年収1200万円、30代課長クラスで700万円相当の待遇をしている人材もいます。

取材担当者より

取材して感じたこと
会社全体を攻めの姿勢で変革できる
『昭和97年を、令和4年にアップデート』を掲げて、組織風土の改革に着手しており、職場環境の大幅な改善を続けていました。
管理部では、経理や財務から数字の観点で他部署へのフィードバックなども行なっているため、会社経営全体を攻めの姿勢で進めていく事ができる部署であり、会社全体を変革していくことができます。
自らの意見や考えを大切にして、年齢や役職を問わず発言できる方にはピッタリな会社でした。
向いている人
新しい価値観を取り入れられる人
シンニチ工業では、チャレンジせずに成功するよりもチャレンジして失敗する方が高く評価されるという評価基準が存在するなど、従業員の挑戦を応援する仕組みを作りを行っています。
シンニチ工業は、技術や環境に関して力を入れることはもちろん、ご紹介したような組織風土の改革も進めています。新しい価値観を持ち、自分の持つ価値観を会社全体に発言して組織を改革できる人にピッタリの会社だと感じました。