こんにちは、登場回数控えめなチャンライです。

数年前から「ふるさと納税」という言葉を良く耳にするようになりました。
前回、たその記事にあったように、今日はこのふるさと納税と、東三河のふるさと納税返礼品についてお話ししたいと思います。
 

ふるさと納税ってなに?

まずは、ふるさと納税の仕組みを簡単に紹介します。
ふるさと納税とは、一言で言うと「自治体への寄付金」のことです。
税と聞くと、抵抗があるかもしれませんが、新たに税を納めるものではなく、ふるさと納税は自分が貢献したい・応援したいと思う地域への寄付金のことで、個人が2,000円を超える寄付を行ったときに、住民税(5,000円を超える部分)と所得税(2,000円を超える部分)から一定の控除を受けることができる制度です。
 
そして、寄付を行った地方自治体から地方の特産物や地域名所の特別利用券などと言った返礼品がもらえるため、実質2,000円で得られる様々な返礼品がこの制度の魅力です。

art-main-hurusato04

例えば、50,000円の寄付で野菜のセットをもらったとします。
これだけでは高い野菜を買うことになったとお考えになるかもしれません。
しかし、控除を受けられる金額に上限がありますが、例えば50,000円分の控除が可能な人ですと、48000円(=50000円-2000円)は、税金が戻ってきます。なので実質的には2,000円で野菜をもらえたということになります。

この返礼品のクオリティがとても高いことで注目されがちですが、寄付金の利用方法を寄付者が指定できるといった、具体的な応援を想定しているのも、この制度の良いところでもあります。

 参照:総務省ホームページ

ふるさと納税のポイント

ふるさと納税のポイントは、
 
① どの地域に
② どのような手続きで
③ いくらまでふるさと納税が出来るか?
 
の3点になります。
 
ふるさと納税はどの地域でも可能になりますが、今回は東三河の六つの市(豊橋市、豊川市、田原市、蒲郡市、新城市、設楽町)について、返礼品から手続きまでをまとめてみました。
 
 

どの地域に

ふるさと納税返礼品は、地域によって異なります。各自治体によってそれぞれ特色ある返礼品が用意されています。

豊橋市

豊橋市は15,000円以上の寄付で、豊橋ゆかりの特産品や貴重な体験がもらえます。
また30,000円の寄付で豊橋ゆかりの特産品等から2品を自由に組み合わせることができ、寄付額が15,000円増える毎に追加で1品お選びいただけます。
 
豊橋ゆかりの特産品は例えば、
・のんほいパーク満喫『園内を巡る!セグウェイとバックヤードツアー』セット
・伝統の豊橋筆セット
・手筒花火竹輪セット
・豊橋産 次郎柿
・黒毛和牛「みかわ牛」 A5等級 カタロース スライス
・豊橋うなぎ長蒲焼
・豊橋産うずら卵の濃厚うずらプリン
・あゆうどんと豊橋にかけうどんセット
などがあります。

東京にいる私、個人の意見としては、
・魔除け、厄除け、商売繁盛! 【放揚済 手筒花火】
が、とても興味深かったです。

こんなものまでくれるんですね。
*お礼の品の贈呈はお一人様につき年度内1回まで。
 

豊川市

豊川市は10,000円以上の寄付で記念品がもらえます。
返礼品は、今年度より一つ追加され以下の二つとなっています。

・豊川市産の米「稲荷の里10kg」
・豊川市産のバラを使った「アレンジフラワー」

*お礼の品の贈呈はお一人様につき年度内1回まで。
*2万円以上の寄附の場合は、両方選択できます。
 

田原市

田原市は20,000円以上の寄付で以下の記念品がもらえます。

・田原氏特産品「あつみ半島とれたて野菜便」

野菜の内容は、季節に応じた旬な野菜になるので、中身は届いてのお楽しみですね。
*1人につき1年度に1回限りです。
*特産品の発送は記事付近受領確認後、9月または3月頃となるようです。
 

蒲郡市

■蒲郡市は10,000円以上の寄付で次のいずれかから1点、選ぶことができます。
①【期間限定】蒲郡まつり納涼花火大会特別観覧場所入場招待券1枚
②三河木綿のきんちゃく袋(2枚)
③ガマゴリうどん(4食入り)1箱
④蒲郡ボートレース「トトまる」のぬいぐるみ

※①は、平成28年6月30日までに寄附していただいた方対象です。

■また20,000円以上の寄付で、次のいずれかから1点、選ぶことができます。
①【期間限定】蒲郡まつり納涼花火大会特別観覧場所入場招待券2枚
②【数量・期間限定】蒲郡温室みかん2.5kg

※①②ともに平成28年6月30日までに寄附していただいた方対象です。
 

新城市

■10,000円以上の寄付で記念品がもらえます。
設楽原歴史資料館、長篠城址史跡保存館、鳳来寺山自然科学博物館、鳳来ゆ~ゆ~ありいなの入場券各2枚セットです。

■20,000以上の寄付で17品目のうち、寄付金額に応じた品目数がもらえます。
 2万円~4万円未満 1品目
 4万円~6万円未満 2品目
 6万円以上 3品目

返礼品の例としては、
・紅ほっぺ「寒熟」(いちご)
・風来牛
・奥三河産猪肉(鍋・焼肉用)
・奥三河産猪肉加工品詰合せ
・金鳳石 小型硯
・つくで手作り村の朝ごはんセット
・新城戦国コレクション
などのご用意があります。
 

北設楽郡設楽町

設楽町は10,000円以上の寄付で、20,000円未満、30,000円未満、30,000円以上の3コースに分かれて記念品がもらえます。
それぞれのコースに合わせて、

・絹姫サーモン
・関谷醸造のお酒
・田峯ふるさとセット
・たけうち牧場のお肉

などの返礼品が用意されています。

ふるさと納税の手続き

各地方自治体のサイトから手続きについての説明を確認出来ます。返礼品のある各自治体ごとにURLをまとめたのでアクセスしてみて下さい。
なお、地域によってはクレジットカード決済などで手軽に寄付の手続きが可能な地域もあります。

豊橋市 

 参照:豊橋HP「寄附の申し込み方法」

豊川市 

 参照:豊川HP「とよかわ応援基金(寄附金)制度のご案内」

蒲郡市 

 参照:蒲郡HP「ふるさと蒲郡応援寄附金(ふるさと納税)」

新城市 

 参照:新城HP「しんしろ 山の湊 ふるさと寄附」

田原氏

 参照:田原HP「田原市ふるさと寄附金(ふるさと納税)にご協力を」

北設楽郡設楽町

 参照:設楽町HP「ふるさと寄付金(ふるさと納税)」

 

 

ふるさと納税の限度額

初めてふるさと納税を行ったとき、「いくらまでふるさと納税が出来るのか?」というのが私の疑問でした。
おおまかにいえば、寄付金とほぼ同額が納税額から控除される仕組みになるので、自身の納税額以上の寄付は控除されないということですね。
下記のサイトで納税の限度額について触れられています。こちらを参考にしてみてください。

 参照:総務省ホームページ「ふるさと納税のしくみ」

 
 
上記の記事は、2016年5月時点の情報を基に作成しています。
今後制度の改正等がある場合もありますので、詳しくは寄付先として検討中の各自治体や総務省のサイトを参照してください。
また、確定申告の手続き等納税に関する相談は近くの税理士にご相談下さい。
 
 
 
 

 
■□■東三河の求人サイト**TASUKI**■□■
こんな仕事が東三河に!?という仕事が多数掲載!
「地元で仕事を探そう」と思ったら、まずはTASUKIをチェック!

 
【地域】 豊橋 豊川 蒲郡 新城 田原 東三河
【雇用形態】 正社員 パート アルバイト 新卒 転職
【職種】 製造 技術 開発 販売 営業 事務 IT 軽作業