経団連ルール廃止!?2021年卒の就活はどうなる??

 

昨年10月、経団連が発表した『就活ルール廃止』発言。

突然のことで、驚いた学生も多いのではないでしょうか。
 


 

わたしたちの就職活動はどうなるの??((+_+))

と不安になっている方!

 
 

この記事では、

この発言によって、2021年卒の就活がどのようなスケジュールとなるのかを解説します!
 

就活を始める前に、ぜひチェックしてくださいね。
 
 

経団連「就活ルールを廃止します!」

 
2018年10月、経団連より

「2021年度以降に入社する学生を対象とする採用選考に関する指針(就活ルール)を廃止する」

との発表がありました。
 

いわゆる「経団連ルール廃止」です。
 
 

 
これまでは、経団連が主体となり、採用に関するスケジュールを定めていました。
 

直近の2020年卒の学生の採用活動では、

2020年卒 採用スケジュール(経団連ルール)
・広報活動(会社説明会開催、募集要項開示など)解禁:3月1日
・選考活動(面接など)解禁:6月1日
・内定(内定式など)解禁:10月1日

というスケジュールで採用活動が行われていてました。
 

しかし、優秀な学生を早めに確保したい!という企業が早めに選考を始めるなど、ルールは形骸化

そんな中、冒頭の発表により、2021年卒以降の就職活動において経団連はルールを定めないことを決定したのです!
 
 

経団連ルール廃止は賛否両論!?

 
経団連ルールが廃止されることで、企業も時期にとらわれずに採用活動をすることができ、人材確保がしやすくなるという歓迎の声がある一方、

スケジュールが立てにくくなることで混乱を招いたり、就活の早期化・長期化に拍車がかかり、企業・学生共に負担が増えるといった懸念の声もあがりました。
 


 
 

そこで、2021年卒以降の就活においてルール作りを主導することになったのが、『政府』です!
 

「現時点においては、急激なルールの変更は学生に混乱を生じさせる恐れがある」とし、政府が就活ルールを策定することとなったのです。
 

そして、結果的に政府が出した「就活ルール」は

「当面は現状維持」!

ということで、就活スケジュールは現行のままに。
 
 

つまり、昨年度と同様に、

2021年卒 採用スケジュール(政府ルール)
・広報活動(会社説明会開催、募集要項開示など)解禁:3月1日
・選考活動(面接など)解禁:6月1日
・内定(内定式など)解禁:10月1日

となりました!
 

(出所:内閣官房HP
 
 

スケジュール不変!けれどアンテナは高く張っておこう!

 
経団連がルールを廃止したことにより、新たに政府がルールを策定し、結果的にはスケジュールは変わらず、昨年の先輩就活生の動きを参考にできることが分かりました。
 

ただし、政府がルールを出したからといって何か罰則があるわけではなく、あくまでも各社への「要請」です。
 

近年は通年採用や採用に直結するインターンシップを実施する企業も増えてきています。
 
 

大切なのは、積極的に情報収集し、自分の目指したい業界や入りたい会社がどのようなスケジュールで採用活動をしているかを把握することです!
 

 

もちろん、「まだ志望業界が絞れてない」という2021年卒の学生さんも多いと思います。
 

選択するためには、
まずは選択肢を増やすことから始めましょう!
 

先輩に話を聞いたり、いろんなキャリアに関するイベントに参加したり、積極的に動いてみてください。
 
 
 

「 モグジョブ 」とは?

 


いつもの学食でランチを食べながら、学生と企業が少人数で交流する企画です。なんと、ランチは企業の方にご馳走して貰えます。いつものランチタイムが、知らなかった企業と出会う「発見」の時間に変わります。
 
モグジョブについて詳しくは下記のバナーから専用サイトをご覧ください