こんにちは、おいちゃんです。
以前、芸術的な建物の解体を全国で展開する会社、「マルコー商会」を紹介させてもらいました。
 
 
◆前回の記事◆

 
 
前回の記事では、
解体という日常ではあまり触れない世界をわかりやすく紹介しました。
 
 
しか〜し、
 
 
「話がワイルドすぎて、なかなか想像できない!!」

「あの話って、本当なの!?」
 
というたくさんの反応をいただきました。。
 
 
これは単純に自分の表現力の無さが問題なのですが、、、
 
 
 
助けを求めて、すぐさまマルコー商会の担当の方に相談(ムチャぶり)をしに行くことにしました。
 
豊橋にある本社に向かうと、出てきてくれたのは!!

 

株式会社マルコー商会
経営企画室
業務管理責任者
堀 倫治 さん

 
優しそうな男性!!!!
さっそく、お願いしてみることにしました。
 
 

堀さん
今日はどのようなご用件でしたっけ?

 
 

おいちゃん
とても頼みづらいのですが、御社の「わかりやすくヤバいやつ」を見せて欲しいです。

 
 

堀さん
・・・。
わかりやすくヤバいやつですか?大胆な依頼ですね。

 
 

おいちゃん
特に「わかりやすく」というのが、大切なんです。どうかお願いします!

 
 

堀さん
・・・。わかりました。ご用意いたしましょう。

 
 
ということで、準備していただきました。
 

ZAXIS1800K!!!!!!

 
本当に出てきた!!

これは、見ただけでわかる。。。マジでヤバいやつですね。
 
 
超高層部から低層部の解体にまでこれ一台で対応可能な解体専用機。
何とその高さは50m!!日本最大級の解体マシーンだ。
 

 
 
アームの先端に付いている圧砕機(アタッチメント)だけでもこの大きさ。
砕く、切るなどに長けている優れもの。
 

 
とは言っても、これでは
 
 
「話がワイルドすぎて、なかなか想像できない!!」
 
という問題への何の解決にもならない。
 
 
そこで、
 
想像しやすいように
身近なものと、いろいろと比べてみました。
 

①人間

 

 
見えますでしょうか?
キャタピラの部分だけで約170cmの高さなので、例えばZX1800Kの前でサラリーマンが挨拶をするとこんな感じですね。
 

 

 
乗用車が5mとした場合、腕を伸ばしたZX1800Kは車10台分!
もはや天空へ続く、道のように見えてきました。
 

新幹線

 

 
新幹線2車両分で50mになるので、ZX1800Kが線路に横になったらこんな感じでしょうか?
 

有名な建物

 

 
鎌倉にある大仏は、とても大きく見えますが、比較するとZX1800Kの方が3倍以上高いです。
海外だと、パリの凱旋門がちょうど同じ高さでした。まさにワールドクラス!!

その他、面積で比較されることは多いが、あまり高さでは話題にならない東京ドームは56mといい勝負でした。
 

有名キャラクター

 
初代ゴジラ
 

出典:©TOHO CO.,LTD.映画シン・ゴジラ公式サイト

 
写真は、最新のシン・ゴジラですが、初代ゴジラは高さ50mの怪獣でした。
最近のゴジラはだんだん大きくなってきたので勝てませんが、初代ゴジラとは同じぐらいの高さだったことになります。
 
 
進撃の巨人
 

出典:©諫山創/講談社進撃の巨人作品公式サイト

 
人気コミック「進撃の巨人」の人間たちを巨人から守る壁。
これがちょうど50m。
解体しちゃまずいですが、巨人側からしたらラクな時代になったかもしれませんね。
 
 
 
さてどうでしたか?
なかなかわかりやすいワイルド感でしたか?
驚くのは早いですよ。
マルコー商会は、この機械をさらにもう1台保有して、同時に依頼される別の場所の解体にも対応しているのです。
 
そして、機械もすごいのですが、これを現場で自在に扱う操縦者も高い技術と度胸を必要とされます。
しっかりとした教育を行い、操縦者を増やすことにも力を入れているとのことでした。
 
 
 
 

おいちゃん
いきなりのお願いだったのにありがとうございます。
まさに解体のプロフェッショナルなんですね。

 
 

堀さん
ありがとうございます。
ただ、マルコー商会の特徴は解体だけではないんですよ。

 
 
マルコー商会では解体後のことも考え、解体から出てくるゴミを自社の工場でリサイクルし環境に負荷をかけないように考えられた処理を行っています。
 

新リサイクルセンター(2017年2月)
↓ ↓ ↓

 

だんだん出来てきた新リサイクルセンター(2017年5月)

 
その取り組みの一つとして現在、豊橋市内に将来に向けた大型リサイクルセンターを建設しております。これにより、街づくりを影から支える体制を一層強固なものにしていこうと考えています。
 
解体のみならず、解体の現場から出たものにも最後まで責任を持って処理を行う。時代に求められているリサイクルを、さらに進化させる会社が豊橋にありました。
 

完成予想図

 
 
そんなマルコー商会では新しいリサイクルセンターで働く方を募集しています。
◆求人募集ページ(正社員)◆

 
 
◆求人募集ページ(パート)◆

 
 
【会社概要】
株式会社マルコー商会
代表:鈴木真理子
愛知県豊橋市神ノ輪町20-2
0532-48-3718
https://www.maruko18.co.jp/