アルマデンキ 株式会社

世界のものづくりを支える会社、アルマデンキ

業種: その他|職種: 会社紹介

会社情報

機械に無くてはならない自動制御盤の設計・制作・工事

「ものづくりの会社」ではなく「ものづくりを支える会社」

アルマデンキは、自動制御盤の設計から、制作、最終の工事までを一貫して行っている会社です。
そもそも制御盤とは、機械に電気を供給し、自動でコントロールするための制御装置が入っているボックスのことです。企業は、この制御盤を使用してさまざまな作業をオートメーション化することで、人に変わって機械が作業を行うことを可能にしています。
現在では国内外を問わず、多方面から制御盤のニーズが高まっており、ものづくり企業のものづくりを裏から支えることに役立てる仕事です。
 
アルマデンキ
 

設置まで一貫した工程

アルマデンキは、自動制御盤の設計から、お客さまのご利用いただく現場での設置工事まで、サポートさせていただいております。
設計・制作・工事を一貫して行うことで、お客さまのニーズに合わせた対応を最後まで行っていきます。したがって、一つの仕事が終わるのに長い年月を要することもありますが、ご利用者さまとコミュニケーションを取りながら、最後は現場にてお客さまと動く瞬間を共に喜べる仕事と言えます。
 

 

企業貢献度で地元No1を!

企業のオートメーション化が進むにつれ、今後ますます自動制御盤のニーズは高まってくる傾向にあると言われています。最近では、複雑な制作を求められることも多々ありますが、従業員みんなで試行錯誤を繰り返しながら、ひとつひとつ丁寧に仕上げていっております。
今後も、会社の規模では無く、従業員と想いを共有しながら、お客さまに良いものを作っていきたいと考えております。
 
arumadenki
 

会社概要

会社名 アルマデンキ 株式会社
会社住所愛知県豊橋市飯村町字高山284番地5
電話番号0532-62-4012
Webサイトhttps://arumadenki.co.jp
設立年月2017/1/6
従業員数12名
事業内容制御盤制作・設計・工事
代表者植村 孝志

働くひとの声

植村 孝志
植村 孝志 さん
代表取締役
当社は創業 23 年目の会社です。
設立はまだ 2 年目と、法人としては若い会社になります。
創業してから 21 年、世界のものづくりを支えているというプライドを持ち、がむしゃらに走ってきました。
制御盤における設計、制作、工事という全ての工程をワンストップで提供し、国内から海外まで幅広く対応をしていく中で、気づいたときには外注としての従業員を10人以上も抱える個人事業主となっていました。それと同時に大手企業からのニーズも増え、技術を認められる機会も多くなり、21年目にして法人成りを果たし現在に至ります。ものづくりを支える仕事だからこそ、正確な知識や技術が求められる厳しさもありますが、機械に魂が入り、製造現場から世の中へ商品が届けられた時の喜びと誇らしさは、今でもこの仕事をやっていてよかったと誇りに思える瞬間です。
当社はまだまだ小さな会社ではありますが、技術には自信があります。 制御盤における全ての工程を幅広く習得できる機会があります。
長坂
長坂 さん
制作部 兼 設計課
私は、大手自動車メーカーに就職したのち、技術職から営業職を経て、当社に入社しました。入社の決め手は、長年離れていた地元豊橋に戻ってきたということ、そして、電気に関わる事が楽しくて、本当に好きなことを仕事にしたいと思った時に、電気の分野にて幅広く専門性の高い技術を提供している当社を選びました。面接の際には、私が趣味で制作した作品について話が盛り上がったことを、今でも鮮明に覚えています。
現在は制作課にて、機械が動くまでの工程を担当していますが、ゆくゆくは設計に携わりたいというのが目標です。
夏目
夏目 さん
制作部
私は、社内にて制御盤の制作をメインに担当し、出来上がった制御盤を現場へ納め、機械を動かすまでの工程も担当しています。
入社する前は、同業界にてプログラミングに携わってきました。そして、プログラムを組む中で、制御盤の制作知識や技術力も必要だと感じ、以前から興味を持っていた制御盤制作の技術が高い当社へ転職を決めました。
制御盤の知識が無いところからのスタートでしたが、 教えてもらいながら習得し、成長ができる環境がここにはあります。資格や経験がなくても、やる気さえあれば男女問わず活躍できるステージもあります。
今後は、制御盤に関わる全工程を習得し、自身の経験を活かしながら、管理を任せてもらえるようになりたいと思っています。

取材担当者より

取材して感じたこと
ニーズの高い専門的な仕事
植村社長へのインタビューの中で、今後はロボットなども視野に、展開していきたいとの話があったが、世界的に製造業などの機械化が進む現代で、当社の果たす役割は大きい。特に人口減少が進む、国内に関しては、機械のニーズはますます増えることが予測される。そんな中で、機械の中枢とも言われる、制御盤を一貫して設計から制作、稼働まで行えるアルマデンキの需要も増加していくことが伺える。