株式会社トヨコン
情報掲載日 2019.04.15

物流を通じて新たな価値を共創するトヨコンで包装資材・物流機器の提案、販売を担う仲間を募集(正社員)

正社員
営業系

会社について

最適な戦略的物流をトータルでサポート

物流を通じてお客さまに価値を届ける

株式会社トヨコンは、物流に関するアウトソーシング業務全般を行う会社です。
物流を管理するためのシステム構築からベストな梱包を実現し、輸送によってお客さまに届けるまで、トヨコングループの技術とノウハウを結集して、物流をトータルでサポートしています。
お客さまの大切な商品を包んで守り、安全、確実に届ける役割を担い、ものづくりを物流の面から支えています。
 

 
 
 

物流に関する総合的な提案力

お客さまの用途に応じた最適な梱包方法、入出庫管理、在庫管理など、お客さまの戦略的な物流を遂行する様々なノウハウがトヨコンにはあります。
たとえば、デリケートな精密機器であっても、商品を傷つける事無く安全かつ正確に目的地に届けて繋ぐよう、効率的に輸送する体制作りを実現します。
多種多様な製品を豊富な梱包資材から最適な資材を最適な梱包方法で利用し、輸送方法、倉庫保管とその管理に至るまで、トータルでサポート出来る提案力がトヨコンの強みです。
 

 
 
 

新たな価値を共創する

時代の移り変わりとともに、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。梱包資材の高品質化や、IoTの発達による物流管理システムの進化、環境意識の高まりといったような物流に関するトレンドをいち早く取り入れ、長年積み上げてきたノウハウを進化させながら、お客さまが抱える課題に先回りして、新たな価値を提供し続けます。
近年では労働人口減少やロボットの発達による物流現場の省人・省力化もその一つです。
こうした変化にいち早く対応し、お客さまを「支え」「つなぎ」「守り」、新たな価値を生み出す企業として、お客さまと共に発展し続けて参ります。
 

 
 

ユースエール認定/あいち女性輝きカンパニー認証取得企業


当社は、「若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業」として
若者雇用促進法に基づき東三河地域で初めてユースエール認定を受けた企業です。
また、女性の活躍促進に向け、トップの意識表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワーク・ライフ・バランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取組を行っている企業として県にあいち女性輝きカンパニー認証を受けています。

募集要項

職種の概要 包装資材・物流機器の提案、販売を行う営業職
仕事の内容 【包装資材・物流機器販売】
各営業拠点から顧客に合わせた包装資材・物流機器の提案、販売を行っています。
また弊社物流サービスを顧客に合わせてコーディネートすることで、各種サービス提案を実施しています。
応募資格 普通自動車運転免許
勤務地 本社:愛知県豊川市豊が丘町127番地
県内事業所:
[豊川営業所]豊川市川花町二丁目62番地
[安城営業所]安城市尾崎町豊阿弥45番1
[名古屋営業所]一宮市丹陽町九日市場字中田148番地
[桜町事業所]豊川市桜町2丁目2番地19
[蒲郡事業所]蒲郡市浜町67番地4
県外事業所:静岡県浜松市、神奈川県小田原市、東京都港区
勤務時間 8:30~17:30(実働8時間)
求める人物像 人に関心がある人、人のために行動できる人、考えることが好きな人
給料等 大卒基本給:20万円
昇給:年1回 賞与:年2回
(資格等級制度による評価)
休日/休暇 年間休日:120日(2017年実績)土日祝、GW、夏季休暇、年末年始、特別休暇(慶弔関係)、有給休暇
教育・研修制度 新入社員研修(4月~6月)、メンター制度、階層別研修
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、  
退職金制度、自己啓発・ヘルスケア支援制度、
会員制福利厚生サービス加入
採用実績 2018年4名
2017年4名
2016年6名
2015年5名
2014年7名

愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知工科大学大学院、 愛知産業大学、愛知大学、椙山女学園大学、中京大学、中部大学、東海学園大学、豊橋創造大学大学院、名古屋外国語大学、南山大学、日本福祉大学、名城大学、浜松大学ほか
採用担当者名 高柳 祐一朗
採用担当連絡先 TEL) 0533-84-3191
MAIL) yu-takayanagi@toyocongroup.co.jp
応募の流れ エントリーボタンよりご応募ください。
ご応募が確認出来次第、こちらからご連絡いたします。
採用に関してご不明な点がございましたら、お気軽に採用担当者までご連絡ください。
なお、募集要項に記載の無い項目につきましては、面談時に詳細をお伝えいたします。

*お問い合わせ時には「TASUKI(タスキ)の求人ページを見た」とお伝え頂くとスムーズです。

選考の流れは下記の通りです。
合同企業説明会(トヨコンを知ってもらう場となります)
   ▼
会社説明会 (トヨコンの考え方や雰囲気を感じて下さい)
   ▼
選考会(集団面接、筆記・適性)(皆さんの考え方を確認)
   ▼
会社見学会(実際の社内の雰囲気や社員の姿を確認)
   ▼
選考会(個人面接)(志望動機や入社意欲をアピール下さい)
   ▼
内々定(他社との比較検討をしっかり行って下さい)

働くひとの声

明石 耕作
明石 耕作 さん
代表取締役社長
トヨコンは、1社専属の包装サービスから始まり、包装設計のアイデアをお客さまに提供し続け蓄積した50年以上の物流ノウハウを有する会社です。
様々な変遷を経て2014年に50周年を迎えた当社は、NEXT50を掲げ、次の50年を歩んでいます。
時代の移り変わりと共にお客さまに提供するモノやコトが変化しても、お客さまを支え、つなぎ、守り続ける会社でありたいと考えます。
そして当社が何より大切にしていることは、「人財」です。
人と共に成長した当社では、人を育むのも会社の役割と考えております。そして、これからも人の成長が会社の成長に繋がる企業であり続けます。
高柳 祐一朗
高柳 祐一朗 さん
財総務部
合同説明会の場にて、社長のお話を直接伺ったことをきっかけに当社に入社しました。
梱包現場への配属から営業を経て、財総務部に所属しています。現在の業務は、主に新卒を中心とした人材採用活動及び、入社後の人材育成に携わっています。
幅広い職種の経験を経て採用に携わるということは、それぞれの部署におけるやりがいを肌で感じた経験として相手に伝える事が出来ると感じています。
また、当社に魅力を感じて入社した人達がいかに長く心地よく働き続け、共に成長できる環境を整備しています。
そして、私自身は日々新しい知識に触れる事が仕事のやりがいです。
これからも様々な知識を身につけ、会社の柱となれる存在を目指して業務に取り組んで参ります。
浦部 将典
浦部 将典 さん
営業部 物流企画課
梱包作業から包装設計を経て、営業部の物流企画課に所属しています。
入社した時の印象は、「物流=体力仕事」という肉体労働のイメージを持っていましたが、初めに担当した医療機器の梱包作業は、デリケートな製品を丁寧に梱包する事が重要で、より優れた梱包方法を考えついたとき、仕事の面白さを感じた瞬間でした。部署や役割が変わっても、「なぜ、なに?」を繰り返し考えながら改善する過程に携わり、会社に貢献したいと考えています。いまでも仕事における自分の原点として、活かされています。

今では、当社独自のマーケティングシステムの導入にも携わっています。お客さまの行動を可視化しながら、欲しい時に欲しいものが提供できる仕組みを構築しています。
お客さまの問題を根本から助けるという考えが企業の文化として浸透しているように感じます。こうした視点で頭を使うことにやりがいを感じられる人が向いていると思います。
坂本 直也
坂本 直也 さん
営業部 購買課
購買課に所属し、サプライヤーから商品の調達を行っています。
お客さまの要望にお応え出来る様に、幅広い商材を取り扱い、それぞれ適正な価格での調達が出来るよう努めています。
サプライヤーとの信頼関係構築を心がけ、絶えず変化する商材について有用な情報をいち早く入手することも求められます。このような関係構築を通じて、社内への貢献をめざしています。
始めはサプライヤーとのコミュニケーションに苦手意識を持っていました。ですが、購買課での仕事を通じ多くの方と接するうちに人と接する事が好きになり、今では営業職にも興味を持っています。
初めの能力にとらわれず、向上心をもって仕事に向き合う事が出来る人が向いていると思います。

取材担当者より

取材して感じたこと
人を大切にし、人と共に成長する企業
トヨコン発展の歴史は、「人」の成長と共にある。
会社の沿革を伺うと、既存の取引先との関係を維持しつつ、取引先拡大によってさらなる発展を目指し、ゼロから営業部の人員増強を行い、新規の取引先開拓に成功を遂げている。
また、新卒採用の開始から、さらなる企業の土台を作り、また、社長自ら新卒採用現場の先頭に立ち、入社後の手厚いフォロー体制も整えた結果、直近5年間は新卒離職者のいない職場を作りあげている。
このように、時代と共に環境と会社を取り巻く状況が大きく変化しながらも、「人財」あって成長した企業なのだということを強く感じた。
取材して感じたこと
「当たり前」を創る企業
欲しいものが完成した形のまま、当たり前のように手元に届く。
私たちの生活の中に、こうした「当たり前」があるのは、物流という影で支える企業が行う様々な配慮が込められているのである。
物流というモノ作りに必要不可欠な役割を担うトヨコンの頼もしさが感じられた。
向いている人
新しい挑戦に前向きな人
物流業界のトレンドが変わっても、お客さまと新たな価値を共創することが、トヨコンの経営理念である”価値の共創”だ。
こうした理念は、梱包用資材の専門商社という枠にとどまらず、お客さまとのコミュニケーションを通じて問題を根本から見つめ、解決し、お客さまを支えるという強い想いとなり、インタビューを通じて伝わってきた。
また、社員同士のコミュニケーションの良さを通じ、世代を越えた意見交換が行われることで「共創」が具現化されているという。世の中の移り変わりが激しい中、新しいことに対峙しても、自ら考え、行動する事を大切にし、新たな価値を共に創るという気概のある人が向いているであろう。

ギャラリー

企業情報

会社名 株式会社トヨコン
会社住所〒442-8546  愛知県豊川市豊が丘町127番地
電話番号0533-84-3191
Webサイトhttp://www.toyocongroup.co.jp/
設立年月1964/9
従業員数150名
事業内容物流に関するアウトソーシング業務全般
梱包実務、包装資材及び物流機器の販売、倉庫管理業務、包装設計、システム開発
代表者明石 耕作