豊橋駅から車で10分程走ると、赤い壁が目印の大きな工場が見えてくる。
ここが今回、紹介する朝日木材加工(株)の本社工場だ。
 
実はこの朝日木材加工、木製家具の製造販売を行う会社だが、先月9月に名古屋栄におしゃれなショールームをオープンし注目を集めている。
 

 

豊橋の本社ショールームに伺ってみた

 
朝日木材加工は、「北欧の美意識を日本の住まいへ」をモットーに、人々の生活に寄り添う木製家具を製造販売している会社だ。
 
長年、北欧のトップブランドとも積極的にコラボレーションし、長く愛される家具づくりを進化させてきた。
 
豊橋市に本社を構える朝日木材加工は、そんなヨーロッパのデザインを取り入れた家具を、本社3階のショールームに展示している。
 

朝日木材加工オリジナル家具盛りだくさんのショールーム

 

 
このショールームにはTribuna(トリブナ)、BRIDGE(ブリッジ)などといった、デザインと機能性にこだわった朝日木材加工オリジナルの北欧家具がずらりと並んでおり、一歩踏み入れると海外に来たような錯覚を起こすほど、周囲とは異なる空間が作り上げられている。
 
 
東三河にこんなところがあったんだぁ〜と、ウキウキした気持ちで家具たちを眺めていると、奥行きのあるショールームには、予想以上に様々な種類の家具があることに気がつく。
 
おしゃれな椅子やテーブルに見とれていたが、どの家具が自分たちの家や事務所に機能面やサイズ・色などでピッタリなのか、だんだんと色々な家具に目移りしてしまうほどであった。
 
そんな時、優しい笑顔の女性が話しかけてくれた。
 
インテリアコーディネーターの木下さんだ。
 

朝日木材加工株式会社
家具事業部
インテリアコーディネーター
木下 さん

 
まるで自分で作っているかのように、一つひとつ製品の特徴を的確に教えてくれる木下さん。
 
少し話をしただけで部屋に合いそうな家具から、実際に設置した時の間取りまでどんどんイメージが膨らんでいく。
 
「手狭なTasukiの事務所も木下さんにかかれば、ぬくもりを感じられる事務所へと変貌をとげるのでは」と期待を膨らませていると、その木下さんから9月1日に名古屋栄に新しいショールームをオープンしたという情報を教えてもらった。
 
 
どうやら、新商品の展示もあるということなので、早速、名古屋栄ショールームに足を運んでみることにした。
 

 

大都会に佇む、朝日木材加工の栄ショールームにいざ潜入

 

 
ショールームがあるという栄のスカイル11Fへ向かうと、名古屋の繁華街の栄にもかかわらず、都会だということを忘れてしまうくらいの落ち着いた空間だった。
 
 
栄ショールームにはリビングよりも少し大きいほどの部屋に、北欧家具とレザーソファーなどがオシャレにコーディネートされていた。
 

 
今回の栄ショールームのオープンに伴い、ショールームのコーディネートは木下さんを中心に進められた。
 
この栄ショールームでは、より自宅のリビングなどに近い雰囲気を醸し出すために、照明器具や全体の色合いなどを考えてコーディネートされており、ぬくもり溢れる空間が表現されていた。
 
 
さらには商品のカラーバリエーションを視覚的に楽しんでもらうため、生地を壁から吊るしてみるなど、素人が見てもおしゃれだなぁと思わせる工夫がたくさんあった。
 

新商品のTorneo(トルネオ)

 

 
栄ショールームに入ると真っ先に目に入るところに新商品の「Torneo」が展示されている。
 
Torneoではアカシアという木材が使用されており、濃く深みのある色合いで材質的にも重厚で高級感が際立つ商品だった。
 
Torneoはシンプルな上に素材の美しさを追求した北欧デザイン、細部にこだわった木工技術には目を見張るものがあり、見る角度によって広く見えるような仕組みやテーブルへのいたわりなど随所に見ることができた。
 
 
何より朝日木材加工らしい色合いや触り心地が感じられる商品となっていて、時代に流されないデザインも魅力的だと感じた。
写真では伝わりにくいが、直接見るからこその凄さが伝わる魅力がTorneoにはある。
 
是非、ショールームで製品の色味、触り心地など体感してほしい。
 

 

インテリアコーディネーターって何するの?

 

 
インテリアコーディネーターとは、お客さまへの商品の説明や戸建の内装・外装のコーディネートを手掛ける職業だ。
 
そのためにはまずお客さまが「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングすることから始まる。
 
落ち着いた雰囲気や暖かみのある空間、帰りたくなる家などといった、お客さまの理想とする空間に近づくように家具の組み合わせや配色などについてアドバイスを行う。
 
 
今回、手狭なTasukiの事務所のレイアウトをもとに部屋を広く見せるコツを伺って見ると、パーテーションなどを使用し、部屋を区切ると効果的であると自分たちでは思いもつかなかった提案をいくつも教えてもらえた。
 

インテリアコーディネーターに向いている人って?

 
そんな木下さんに、どんな人がインテリアコーディネーターに向いているのか聞いてみた。
 

木下さん
「インテリアコーディネーターという仕事は Face to Face で仕事をする機会がたくさんあります。人と関わるのことが好きな方はもちろん、好奇心旺盛・前向きな人・チャレンジ精神旺盛な方は特に向いていますね。」

 
 
 

現在、朝日木材加工では、インテリアアドバイザーを募集している。
 
インテリアアドバイザーはインテリアコーディネーターのように特別な資格は必要ない。
インテリアコーディネーターの資格を持った先輩方が一から丁寧に指導して下さるので、北欧家具に興味のある方であれば誰でも挑戦できる。
 
 
◆求人募集ページ(契約社員)◆

 
北欧家具が好きな方には是非、本社豊橋のショールームはもちろん、栄のショールームにも立ち寄りいただきたい。
 
【会社概要】
朝日木材加工株式会社
代表:竹内壽一
愛知県豊橋市北島町字北島87番地
0532-52-0134
http://asahiwood.co.jp/index.html
 
 
【名古屋栄ショールーム】
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-4-5 スカイル11F
OPEN:土・日・祝 10:00~18:00 (日・祝は17:00まで)
※平日は完全予約制(お問い合わせ先:tel.0532-55-4601 / 平日9:00~18:00受付)